2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メールフォーム

  • 何かありましたらお気軽にこちらからどうぞ♪
無料ブログはココログ

放射線

2010年1月20日 (水)

放射線治療がやっと終了♪

長かったような短かったような放射線治療が本日終了しましたscissors

イケメン技師さんや仲良しになった看護師さんともお別れかぁ~。
ちょっと寂しい気もするが。でもしばらく月1回の診察は続くんだけどね。Radiation_03_2 Radiation_02_3






週5日/25回(50Gy+週3回/3回(9Gy)を照射。
しかし日焼けのような状態になり、変な話だけど乳首や乳輪が真っ黒に!! 

ダーリン曰く「遊んでる女だよなぁ~」だって。アホsign03片方だけ真っ黒に
なるわけないだろうdash てなダーリンのくだらない冗談はさておき、
放射線には放射線腫瘍内科医がいて、若くて優しいので話しやすい
(空いているから時間がある・・という事もあるか?)からか
コミュニケーションも活発に。

放射線の主治医から「rinkoさん、癌は良く5年生存率と言われ5年間様子
を見ますが、乳がんは5年生存後も生存率が低下し続ける何年経っても
治ったとは言えない癌なんですよ。転移先で眠ったような状態で経過し、
ある日突然増殖を開始するのです。10年、20年後に転移が出現する
ので全身病の癌と考えられています。全身病の癌とは体中を癌細胞が回り
やすい怖い癌であり、同様に生存率が低下し続ける癌は乳がん以外に、
腎癌と一部の悪性リンパ腫だけなんです」と。

ひぇ~~、乳腺外科の主治医はそんな事言ってくれなかったぞ!!
乳がんは比較的治癒率の高い癌だとばかり思ってた私。
5年後なんてまだ40代、10年後だって50前半よ・・shock

でも今の私はダーリンよりも先に逝くのが本望なの。
夫婦2人きり、老後の面倒なんて誰も看てくれないし、ダーリンがいない
人生なんて考えられないもん。
だからダーリンに看とられて天国に行きたい、と本気で思っている私。

縁起でもない事を言っていると思われるかも知れないけれど、
癌になった私にとって「死」はひとごとではないのです。

前にも書いたけれど再発の恐怖に怯えるのは、私の周囲にも再発・
転移組が確かに多いから楽観視できないんだろうな・・と。
ステージ2までの場合10年生存率は比較的高いというデータが発表
されているけれど、放射線腫瘍科の主治医が言ってたように全身に
癌細胞が回りやすく、ある日突然再発する癌であるという事は、
すなわち再発・転移リスクが高くなるわけだものね。
まあ、もし私がそうなったら、そうなった時で考えていくしかないのですが。

あー、 なんという病を患ってしまったのかしら、、、私 。

しかしこれも運命。運命をしっかり受け入れなければ!!

2009年12月 8日 (火)

放射線治療開始

乳がん術後の放射線治療が開始となりました。

平日毎日、1か月強も病院通いが始まるんだわ~ downdown

病院に到着した私はそんなに待たずに「りんこさん、お入りください。」と言われ、指示通りに上半身脱いで仰向けで機械に横たわると、何やら機械を動かしながら技師さんと先生が出入りを繰り返し、放射線照射位置を決めるために私の胸や腕に黒マジックでマーキング。「30分位体を動かさないで下さい。」と言われるがまま、おとなしくまな板のコイに・・・。

終了して鏡を見て「きゃ~っsign03何コレ???」

私の上半身は線だらけになっておるではないか。

まさしくギャグ状態coldsweats02

そして何ということかtyphoon

マーキングの黒線が首の辺りまでしっかり伸びており、Vネックで行った私のセーターから線が飛び出ているぞ~sweat01

そんなこんなで線を出したまま山手線&地下鉄に乗って帰った私。

トホッsweat02

20091202181208 明日からは首空きの少ない服かストールは必須だわ。そして色が着いても目立たない色の服にしないと・・・。