2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

メールフォーム

  • 何かありましたらお気軽にこちらからどうぞ♪
無料ブログはココログ

« 新年会inマンダリン | トップページ | 芸術の秋 »

2012年1月31日 (火)

ミラコレ

いつもなら普通のお粉を買っているんだけれど
年末に12,000円もする高級フェイスパウダーを買ってみたの。
カネボウから出ているミラノコレクションというやつを。

売り文句は特別限定販売で
毎年テーマにそったデザインとエキスを配合。
ロイヤルゼリーエキスで粉っぽくならず
潤った陶器肌に仕上げるそうな。
そして肌あたりがしなやかで弾力性のある西陣織パフ付。

↓じゃじゃ~ん。これがミラコレに西陣織パフ!!
Dsc00190_2

Dsc00191_3

お粉に12,000円なんてもったいない!!と思ったけど
これ1つで1年持つ。
他のパウダーと比べて圧倒的に崩れにくい。
西陣織のパフは美容部員のお姉さん曰く
 
5年使っているけれどヘタらないらしい。

成分はお墨付きなので、男らしく?!即買。

陶器肌目指して明日から使用開始だわnote

↓ちなみにこれは今年の新春シーラボ福袋。
Dsc00229

« 新年会inマンダリン | トップページ | 芸術の秋 »

美容・コスメ」カテゴリの記事

コメント

西陣織パフってどんな使い心地なの?スゴイ♪
「潤った陶器肌」・・・なりたい~~~~!!
最近、笑うとファンデーションがひび割れて崩落ちてきそうなのよね(苦笑)
先日のコロさんも透き通る肌だったし
ネエサンも潤う陶器肌、rikoちゃんは相変わらずキレイだったし
私も潤いがほしい~~(笑)

陶器肌か~。憧れる!!
でもフェイスパウダーに12,000円は出せないcoldsweats02
でもでもとても興味津津(笑)
1万円以上出すとパフも西陣織、
容器もウェッジウッド風なんですね~(笑)

いや〜ん♪さちさんに褒められてた♪

ところで、がっかりするかもしれないんだけど…

そのお粉、母親が持ってた(笑)

お正月に帰った時に、使わせてもらった。

カネボウで高かったって言ってたから、間違いないわ。

うちの母親、どうしちゃったんだろう?
ちふれで十分なのに(笑)

次回会う時、陶器肌を楽しみにしてるよ(*^.^*)

こんにちわー

ご無沙汰しちゃってすみませーんcoldsweats01
その間にお誕生日を迎えてたんですねshine

めちゃくちゃ遅いけど、
おめでとーございますnote
あたらしい4●歳も楽しく、美しく過ごしてくださいねheart04

にしてもさ、
リックパパ、すごくないsign02
なんか気が効くっていうか、
女房の心知り尽くしーみたいなbleah
そういや、rinkoさんお肌がとってもきれいだったにゃnote

2月はパパさんのお誕生日ですねーcake
なにあげるのかな~sun

う~~ん1万2千円か~。
rinkoちゃんの感想を聞いてから私も試してみようかな(笑)
使い心地の報告待ってま~すscissors

さちさん

西陣織パフ、かなりの弾力でフワフワかつ
毛足も長めなので粉を含ませる力がスゴイよ!!
この年になると潤いは大事だからね~eye
でもさちさんもお肌キレイだったから大丈夫よ♪

miuさん

私も迷ったよ、さすがにお粉に12,000円は(笑)
早速使ってみたけれど化粧崩れしにくいのは本当だった!
陶器肌になったかは不明だけど西陣織パフもイイ感じだったよ♪

コロさん

さすがコロ姉の母上!!
潤い&陶器肌&西陣にやられたのね~、お母さんも(笑)
さちさんの言う通りコロ姉もこの前会った時お肌潤ってたよー。
私も潤い肌目指してがんばろーっと☆

ぐっちさん

こちらこそご無沙汰で~す、そしてありがとうhappy01
なんか今回に限ってダーリンたら頑張ってくれたんですよ(笑)
いつもはこんな気の利いたことはしないんだけど・・・。
ぐっちさんのところも2月でしたよね~。
うちはまだな~んも決めてません(汗) ぐっちさんは決めた?

アキさん

まだ使い始めたばっかだからなんとも言えないけど化粧崩れはしにくいと思った。
午後になると目のクマが黒ずんでいたんだけれど
ミラコレにしたら黒ずみがなくなったもん。また報告するね~wink

rinkoさん
御無沙汰してます。お元気ですか?

kurujunさん

こちらこそ、超ご無沙汰しちゃって・・・。
私は元気にやってます!
またそちらにも遊びに行きます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新年会inマンダリン | トップページ | 芸術の秋 »